Steelfiber Graphite Golf Shaft Technology

なぜSteelFiberを使うのか?

真剣なゴルファーは道具の進化に敏感です。アメリカツアーでも同じで、SteelFiberシャフトはアイアンシャフトの常識を変えました。

いままでのアイアンシャフトはスチールかカーボンの選択しかありませんでした。SteelFiberシャフトはカーボンが生むパワーとスチールの安定感を融合した商品を開発しました。多くのクラブメーカー様やカスタムゴルフショップがSteelFiberの魅力を取り入れています。

SteelFiberシャフトのパフォーマンスの中核はまず特殊な炭素繊維の巻き方からはじまります。この特殊な巻き方がゴルファーにとってちょうど良い「タメ」を生み出しています。また、高い炭素繊維の強度対重量比のおかげで、カーボンよりも軽量で最適な剛性および強度特性をもたらし、カーボンの軽量特性がクラブ全体を軽くするため、飛んでコントロールできるボールが打てます。

さらに、グラファイトの軽量特性のおかげで疲労および負傷のリスクを低減します。

SteelFiberシャフトの素材はステンレス銅線を特殊な行程で縮小してから約1000本のこの小さなワイヤーを鉄製チューブに配置されて1つのワイヤーが完成されます。直径8ミクロンの大きさのこの特殊なワイヤーを約3000本使い、シャフトを造っていきます。ちなみに8ミクロンの大きさは人間の髪の毛の約1/10の大きさです。

SteelFiber対グラファイトシャフトの強度

 

ご覧の写真でお分りの通り、SteelFiberシャフトは他のグラファイトシャフトより強度が強いです。この優れた強度のおかげでスイング中にシャフトが暴れる事を防ぎ、安定したインパクトを迎える事ができます。

SteelFiber 対スチールシャフトの強度:

ご覧の通り、同じ重さを乗せたところで頑丈なスチールシャフトより曲がる事もありません。この優れた強度が安定したショットにつながります。

SteelFiberシャフトの壁の厚みについて:

SteelFiberシャフトの繊維の密度(重量)はグラファイトシャフトより5倍あるため、シャフトの厚みを抑える事ができます。また、シャフトの重量調整も1/5の素材を使用するため、より滑らかなインパクトの衝撃が感じられます。

周辺加重シャフトの特徴

世界で初めて作られた周辺加重ゴルフシャフトのため、いままでにないシャフトの安定感が実現しました。上記図の通り(赤い輪)、従来のグラファイトシャフトに比べて重心位置(CG)がより外側に来る為、インパクト時により大きな慣性モーメント(MOI)が実現します。